読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリ、テキサス

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたパリ、テキサス - Wikipediaを素材として二次利用しています。

 

パリ、テキサス』(英語: Paris,Texas, 「テキサス州パリス」の意)は、1984年製作、ヴィム・ヴェンダース監督の西ドイツ・フランス合作映画である。ヴェンダースの代表作のひとつであり、ロードムービーの金字塔である[要出典]。

概要[編集]

テキサスを一人放浪していた男の妻子との再会と別れを描いたロード・ムービーである。1984年(昭和59年)、第37回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した。

テキサス州パリスは、同州ラマー郡の郡庁所在地で、人口約2.5万人(2000年)の小さな街である。同市には、登場人物が訪れることもなく、撮影は行われていない。原作は脚本のサム・シェパードによるエッセイ『モーテル・クロニクルズ』であり、『ハメット』の主役に推薦して果たせなかったヴェンダースがシェパードに依頼[2]、L・M・キット・カーソンが翻案しシェパードが脚色した。キット・カーソンは、主人公トラヴィスの一人息子を演じたハンター・カーソンの父である[3]。

ヴェンダースは本作で初めて音楽家ライ・クーダーと組み[4]、以降の監督作『エンド・オブ・バイオレンス』、『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』でもクーダーを起用するきっかけとなった。トラヴィスが倒れるガソリンスタンドの男を演じるサム・ベリーはイギリスの遺伝学者、テレビの中に映る女を演じるヴィヴァはアンディ・ウォーホル作品に登場する「ウォーホル・スーパースター」の一人である。トラヴィスの搬送先の病院で対応する、オーストリア出身のアメリカの映画監督エドガー・G・ウルマーと同姓の医師を演じるベルンハルト・ヴィッキは、ウルマー同様オーストリア出身、ドイツのヴェテラン俳優・映画監督である。スレイターを演じるのは、かつてヴェンダースが贈った生フィルムを使用して『パーマネント・バケーション』をつくった[5]ジム・ジャームッシュの同作に出演、『ストレンジャー・ザン・パラダイス』にも主演したミュージシャンのジョン・ルーリーである。

ストーリー[編集]

砂漠を一人の男がさまよっている。汚れた放浪者のようなその男は、砂漠の中のガソリンスタンドで氷を口にし、そこでついに倒れてしまう。その男、トラヴィス(ハリー・ディーン・スタントン)はどこから来て、どこへ行こうとしていたのか。なぜ何もしゃべらないのか。搬送された先の病院の医師(ベルンハルト・ヴィッキ)は身分証明書も持たない男の所持品であった1枚の名刺に書かれた先に電話した。弟だった。トラヴィスは4年前に失踪していたのだった。

彼を迎えに来た弟ウォルト(ディーン・ストックウェル)とカリフォルニア州ロサンゼルスへ行く途中、やっと口にした言葉は「パリ」だった。フランスの首都パリと同じ名を持つテキサス州パリス、その地こそ彼が帰ろうとしていた場所であり、他の人間と違う彼がすべてに絶望した末に行くべき場所だった。

ロサンゼルスで再会した息子・ハンター(ハンター・カーソン)は7歳に成長していた。しばらくウォルトらの家に居候するトラヴィス。ある日、彼はウォルトの妻で義理の妹に当たるアン(オーロール・クレマン)から、ヒューストンにいる妻のジェーン(ナスターシャ・キンスキー)からハンター宛に送金があることを教えられる。中古車を買い、ヒューストンへジェーンを捜しに行くというトラヴィスに、ハンターはいっしょに行きたいと頼む。二人は妻(母)を探す旅に出る。

ヒューストンの銀行からジェーンらしい女が赤い自動車で立ち去る。追いかけるトラヴィスの車。女はある建物に入る。そこはマジックミラーで仕切られた個室で男性客側からしか女を観ることのできないピープ・ショウのクラブであった。翌日、トラヴィスはハンターをホテルに残し、そのクラブを客として訪れ、ジェーンに会う。これまでのすべてを語るジェーン、現実を受け止めるトラヴィス。ハンターのいるホテルのルームナンバーを告げてトラヴィスは去る。ジェーンがハンターと再会するところを見守ったトラヴィスは車で立ち去り、夜の闇に消えていく。

スタッフ[編集]
製作総指揮 : アナトール・ドーマン
プロデューサー : クリス・ジーヴァニッヒ、ドン・ゲスト
監督 : ヴィム・ヴェンダース
脚本 : L・M・キット・カーソン、サム・シェパード
原作・脚色 : サム・シェパード
翻案 : L・M・キット・カーソン
撮影 : ロビー・ミューラー
編集 : ペーター・プルツィゴッダ
音楽 : ライ・クーダー

キャスト[編集]

クレジット順[6]
ハリー・ディーン・スタントン - トラヴィス・ヘンダースン
サム・ベリー (Sam Berry) - ガソリンスタンドの男
ベルンハルト・ヴィッキ - ウルマー医師
ディーン・ストックウェル - ウォルト・ヘンダースン
オーロール・クレマン (Aurore Clément)- アン・ヘンダースン
クラッシー・モビリー - カーレンタル職員
ハンター・カーソン (Hunter Carson) - ハンター・ヘンダースン
ヴィヴァ (Viva) - テレビの中の女
ソコロ・ヴァンデス - カメリタ
エドワード・フェイトン - ハンターの友人
ジャスティン・ホッグ - ハンター(3歳)
ナスターシャ・キンスキー : ジェーン・ヘンダースン
トム・ファレル (en:Tom Farrell) - 叫ぶ男
ジョン・ルーリー - スレイター
ジェニ・ヴィシ - ストレッチャー

関連項目[編集]
パリス (テキサス州) (en:Paris, Texas)
L・M・キット・カーソン (en:L. M. Kit Carson)
ウォーホル・スーパースター (en:Warhol Superstar)
エドガー・G・ウルマー (en:Edgar G. Ulmer)
トラヴィス - 本作の主人公名をバンド名にしている英国のロックバンド
パリス、テキサス (en:Paris, Texas (band)) - 本作の題名をバンド名にしている米国のロックバンド

関連書籍[編集]
『モーテル・クロニクルズ』、著サム・シェパード、訳畑中佳樹ちくま文庫、筑摩書房、1990年6月 ISBN 448002445X

学術的参考文献[編集]
塚田幸光 「ナショナル/ファミリー・ポートレイト ― 『パリ、テキサス』とロード・ムーヴィの政治学」、杉野健太郎編『映画のなかの社会/社会のなかの映画』(映画学叢書[監修加藤幹郎]、ミネルヴァ書房、2011年)所収。

註[編集]
1.^ “Paris, Texas”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年4月10日閲覧。
2.^ 『ヴィム・ヴェンダース』、監修樋口泰人、カルチュア・パブリッシャーズ、1997年 ISBN 487295002X、p.82.
3.^ L.M. Kit Carson - Biography, Internet Movie Database (英語), 2010年4月17日閲覧。
4.^ 『ヴィム・ヴェンダース』、p.118.
5.^ 『ヴィム・ヴェンダース』、p.103.
6.^ Paris, Texas, Internet Movie Database (英語), 2010年4月17日閲覧。

カテゴリ: 1984年の映画
ドイツのドラマ映画
フランスのドラマ映画
ロードムービー
テキサス州を舞台とした映画作品
ヴィム・ヴェンダースの監督映画
パルム・ドール受賞作

 

パリ、テキサス」の書誌情報