読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海軍三長官

この記事は クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0 のもとで公表された海軍三長官 - Wikipediaを素材として二次利用しています。

 

海軍三長官(かいぐんさんちょうかん)とは、日本海軍幹部の三つの役職のこと。

概要

日本海軍の三長官とは以下の三つの役職を総称して指す。

軍令部の最高職は当初は軍令部長であったが、1933年昭和8年)の軍令部条例改正により軍令部の権限が拡大されたのに伴い、軍令部総長に改称された。この改正に際しては、当時の軍令部長で、東郷平八郎と並んで元帥かつ現役最長老であった皇族伏見宮博恭王が、非常に大きな役割を果たした。

昭和期においては海軍の方針や最高人事に関しては、伏見宮の同意を得るのが慣例となっていた。

海軍では伝統的に海軍大臣が最高指導者と見なされ、陸軍三長官のように三長官会議が重要な役割を果たすことはなかった。この慣習は最後まで維持され、海軍内で政治に関与することが許されたのは海軍大臣だけだった。

その他

参考文献

関連項目

 
 
 
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。
 

 

海軍三長官」の書誌情報