読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上総国

この記事は クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0 のもとで公表された上総国 - Wikipediaを素材として二次利用しています。

 
上総国
地図 令制国 上総国.svg
-上総国
-東海道
別称 総州(そうしゅう)[1]
南総(なんそう)[2]
所属 東海道
相当領域 千葉県中部
諸元
国力 大国
距離 遠国
11郡67郷
国内主要施設
上総国府 (推定)千葉県市原市
上総国分寺 千葉県市原市上総国分寺跡
上総国分尼寺 千葉県市原市上総国分尼寺跡
一宮 玉前神社(千葉県長生郡一宮町
テンプレートを表示

 

上総国(かずさのくに、正字体:上總國、正仮名遣:かづさのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。

常陸国上野国とともに親王国司を務める親王任国であり、国府の実質的長官は上総介であった。 

 

「上総」の名称と由来

古語拾遺』によると、よきの生きたる土地というところより称したとされる捄国(ふさのくに)から分立したという。分立の時期については、『帝王編年記』では上総国の成立を安閑天皇元年(534年)としており、毛野国から分かれた上野国と同じく「上」を冠する形式をとることから6世紀中葉とみる説もある[3]

6世紀から7世紀にかけ多くの国造が置かれ、後の安房国も併せ8つの国造の領域が存在しているが、ヤマト王権からはこれらの国造の領域を合わせ捄国(もしくは上捄国)として把握されていたものと考えられ、ヤマト王権と緊密なつながりを有していたともされている。

藤原宮出土木簡に「己亥年(699年)十月上捄国阿波評松里□」とあり、7世紀末には「上捄」の表記であったと推測されるが、大宝4年(704年)の諸国印鋳造時には「上総」に改められた[4]

読みは、古くは「かみつふさ」であったが、「かづさ」に訛化した。「かみつふさ」の転であるため、正仮名遣(歴史的仮名遣い)では「かづさ」と表記されるが、現代仮名遣いでは「かずさ」とするため、「つ」に由来することが見えない状況となっている。

沿革

律令制以前は、須恵馬来田上海上伊甚武社菊麻阿波長狭の8つの国造が置かれていた。律令制において、市原郡海上郡畔蒜郡望陀郡周淮郡埴生郡長柄郡山辺郡武射郡天羽郡夷灊郡平群郡安房郡朝夷郡長狭郡の15の)をもって令制国としての上総国が成立し、東海道に属する一国となった。

元々東海道は海つ道(海路)であり、房総半島畿内に近い南部が上総国、遠い北部が下総国とされた。

養老2年5月2日718年6月4日)、阿波および長狭国造の領域だった平群郡、安房郡、朝夷郡長狭郡の4郡を割いて安房国とした。天平13年12月10日742年1月20日)、安房国を併合したが、天平宝字元年(757年)に再び安房国を分けた。この時から長く領域は変わらなかった。

そして天長3年9月6日826年10月10日)、上総国常陸国上野国の3国は、国守に必ず親王が補任される親王任国となり、国級は大国にランクされた。親王任国の国守となった親王は「太守」と称し、官位は必然的に他の国守(通常は従六位下から従五位上)より高く、親王太守は正四位以上とされた。

親王太守は現地へ赴任しない遙任だったため平高望良兼菅原孝標がそうであったように、国司の実質的長官は上総介であった。

古代末期から中世にかけて上総氏が活動し、鎌倉期には上総広常、その亡き後は足利氏となる。室町時代の守護には、高氏佐々木氏千葉氏新田氏上杉氏宇都宮氏の各氏が就いた。

15世紀半ばごろより、原氏武田氏酒井氏土岐氏正木氏らの各氏が割拠。16世紀前半には、下総生実に拠った小弓御所足利義明の影響が強まった。

足利義明天文7年(1538年)の国府台合戦で敗死した後は、小田原の後北条氏、安房の里見氏の抗争の地となり、在地の諸豪の動きはきわめて流動的であった。

豊臣秀吉小田原征伐後、関東徳川家康が転封されると、大多喜の本多氏を筆頭に万石5氏が置かれ、江戸時代には久留里藩飯野藩佐貫藩鶴牧藩一宮藩大多喜藩請西藩の7藩と幕府領・旗本領が展開し、村数は約1,200ヵ村(天保期)を数えた。

幕末から明治政府成立の過程で、請西藩は、朝命に抗したという理由で明治元年(1868年)12月に領地没収となる。

また、徳川家達駿河静岡藩70万石に封じたことによって、明治2年(1869年)までに、菊間藩金ヶ崎藩(のちに桜井藩)、小久保藩鶴舞藩、柴山藩(のちに松尾藩)、大網藩の6藩が新たに置かれた一方、幕府領・旗本領は安房上総権事・柴山典の管轄下に置かれた。

明治2年(1869年)の版籍奉還で藩主は知藩事に、旧幕府領・旗本領は安房上総知県事となり、安房上総知県事の管轄地には宮谷県が置かれて柴山典が権知事となり、管轄地は上総において約8万7,800石。安房を加えると計37万1,700石であった。

明治4年(1872年)、廃藩置県が行われると、旧藩領と宮谷県は大きく木更津県に統合された。明治6年(1874年)には木更津県と下総を管轄していた印旛県が統合して千葉県が成立し、管轄が移行した。

明治以後の沿革

国内の施設

国府

市原市と推定されており、国分寺跡、国分尼寺跡が発掘されているが、国府の遺構はまだ見つかっていない。中世の国府は能満(府中)にあったと考えられている。

国分寺国分尼寺

法燈は医王山清浄院国分寺市原市惣社、本尊:薬師如来)が伝承する。
未詳。

神社

延喜式内社
延喜式神名帳』には、以下に示す大社1座1社・小社4座4社の計5座5社が記載されている。大社1社は、名神大社である。
総社一宮以下

このほか、市原市八幡の飯香岡八幡宮が「総社八幡」であった。中世以降、飯香岡八幡宮が総社として機能した。

安国寺利生塔

いずれも律令時代の駅。

馬牧

城館

湊・津

太字は主要なもの

内海
  • 八幡湊
  • 五井湊
  • 奈良輪湊
  • 木更津湊
  • 中野湊
  • 富津湊
  • 竹岡湊
  • 金谷湊
外海
  • 興津湊
  • 勝浦湊
  • 福原湊
  • 一宮本郷湊

地域

古代-中世

郡と荘園

 

中世-近世

上総国[5]

郡と

近代-

郡と

 
八幡町五井村千種村鶴牧村東海村海上村菊間村湿津村市東村市原村市西村養老村戸田村明治村内田村鶴舞村高滝村富山村平三村里見村白鳥村
望陀郡(中世の頃に畔蒜郡が一部となる)
木更津町真舟村清川村巖根村金田村中郷村鎌足村馬来田村富岡村楢葉村神納村長浦村根形村平岡村中川村久留里町松丘村小櫃村亀山村
周淮郡
波岡村八重原村周西村周南村中村小糸村三島村貞元村秋元村青堀村富津村飯野村
天羽郡
湊町金谷村竹岡村天神山村佐貫町大貫村吉野村環村関村駒山村豊岡村
長柄郡
茂原町二宮本郷村豊田村東郷村帆丘町豊岡村新治村一宮本郷村東浪見村一松村八積村高根本郷村上長柄村日吉村水上村土睦村白潟村関村南白亀村太東村
上埴生郡
武丘村豊栄村西村東村五郷村鶴枝村
山辺郡
東金町丘山村正気村豊成村大和村福岡村鳴浜村公平村源村大網町瑞穂村山辺村増穂村白里村片貝村豊海村土気本郷町
武射郡
成東町大富村南郷村緑海村日向村睦岡村松尾村大平村豊岡村蓮沼村旭村大総村上堺村千代田村二川村
大多喜町御宿町

石高

  • 425,080

人口

  • 1721年(享保6年) - 40万7552人
  • 1750年(寛延3年) - 45万3460人
  • 1756年(宝暦6年) - 43万8788人
  • 1786年(天明6年) - 38万8542人
  • 1792年(寛政4年) - 37万6441人
  • 1798年(寛政10年)- 36万8831人
  • 1804年(文化元年)- 36万4560人
  • 1822年(文政5年) - 37万2347人
  • 1828年(文政11年)- 36万2411人
  • 1834年天保5年) - 36万4240人
  • 1840年天保11年)- 35万8714人
  • 1846年(弘化3年) - 36万0761人
  • 1872年(明治5年) - 41万9969人

出典: 内閣統計局・編、速水融・復刻版監修解題、『国勢調査以前日本人口統計集成』巻1(1992年)及び別巻1(1993年)、東洋書林

人物

国司

上総守(天長3年(826年)以前)

上総太守(任国親王

上総介

武家官位としての上総守

 

守護

鎌倉幕府

室町幕府

戦国時代

戦国時代には、上総武田氏を中心に酒井氏土岐氏などが割拠したが、三浦氏系と言われている安房正木氏里見氏に従属しながら北上し、里見氏とともに上総の大半を制した。その後、後北条氏が侵攻して武田・酒井・土岐の諸氏を従属させて里見氏と争ったために激しい争いが続いた。

脚注

  1. ^ 別称「総州」は下総国とあわせて、または単独での呼称。
  2. ^ 別称「南総」は安房国とあわせて、または単独での呼称。
  3. ^ 楠原佑介他・編『古代地名語源辞典』「総」の項、東京堂出版 1981年。ISBN 4-490-10148-1
  4. ^ 加藤謙吉他・編『日本古代史地名事典』「上総国」の項、雄山閣 2007年。ISBN 978-4-639-01995-4
  5. ^ 須田茂著、『房総諸藩録』、崙書房出版、1985年3月10日

関連項目

先代:
総国
区域の変遷
6世紀中葉 - 1868年
次代:
安房上総知県事
 
 
 
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。

 

 

上総国」の書誌情報