読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柄谷行人

この記事は クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0 のもとで公表された柄谷行人 - Wikipediaを素材として二次利用しています。 

 
柄谷 行人
2008年ロヨラ大学での講義から
生誕 1941年8月6日(73歳)
日本の旗 日本
時代 20世紀の哲学
21世紀の哲学
地域 日本哲学
学派 ポスト構造主義
ポストモダン文学
研究分野 哲学史思想史
形而上学認識論
文芸評論文学理論
政治哲学無政府主義
主な概念 構造主義ポスト構造主義価値形態論の再吟味
トランスクリティーク
アソシエーション
テンプレートを表示

 

柄谷 行人(からたに こうじん、1941年8月6日 - )は日本哲学者思想家文学者文芸評論家。本名は柄谷 善男(よしお)。兵庫県尼崎市出身。

筆名は夏目漱石の小説『行人』にちなむ、と一般に言われるが、本人は否定。「kojin」という語感と響きから偶然に思いついたという[1]

国家」「資本」「ネーション」とは区別されるものとして、近年では「アソシエーション」という言葉を強調している。それにもとづき、2000年6月にはNAM(New Associationist Movement)を立ち上げる(2003年1月解散)。 

経歴

1960 - 70年代

1969年夏目漱石を主題とした「意識と自然」で第12回群像新人文学賞評論部門を受賞[2]。文芸批評家としてのキャリアをスタートさせる。

20代の柄谷は、吉本隆明を高く評価していたことが初期論文の「思想はいかに可能か」や「心理を越えたものの影」からうかがわれる。[3]

また、評論に夏目漱石を選んだのは、『漱石とその時代』等の漱石論・保守派的な論客で知られる江藤淳に読んでもらいたかったからだという。

柄谷は若い頃には江藤淳の文章を筆写して文章の練習をしていた。1975年にアメリカ・イェール大学で日本文学の講義を受け持ったのは江藤淳の推挙である。

文芸批評家としては「内向の世代」(古井由吉後藤明生)を擁護。また中上健次とは、デビュー前から友人であり、その作品の終生における同伴者となる。中上の死の時には弔辞も読んでいる[4]

また、デビュー以来の漱石論は断続的に執筆し続け、作品論としては『草枕』『』『三四郎』『明暗』『道草』『それから』『虞美人草』を新潮文庫版のそれぞれの解説に執筆している[5]

 

1973年新左翼運動衰退のメルクマールとなる連合赤軍事件を暗に主題とした「マクベス論」を発表。以降「内面への道が外界への道である」[6]として、文芸批評の枠を超え、理論的(再)吟味を中心とした仕事を数多く行うこととなる。

その中心にすえられたのが、価値形態論を中心としたマルクス資本論』の読み直し・再解釈である。いままでのマルクス・レーニン主義の視点からでないマルクスを発見する、そして新たな連帯・コミュニケーションの形を見つけ出す、という目論見に基づくものであった。

1973年「マルクスその可能性の中心」連載を『群像』で開始(1978年出版)。

また1975年には、アメリカ・イェール大学で、ポール・ド・マンと出会う。

1980年代に有名となった文芸理論としてのディコンストラクションイェール学派のド・マンを通して、1978年には哲学の脱構築ジャック・デリダにも出会った。

その理論的仕事は三浦雅士編集長下の『現代思想』(1973 - )(青土社)に発表されることが多く[7]蓮實重彦とともに1983年浅田彰構造と力』で始まる「現代思想ブーム」「ニューアカデミズム」の一端を70年代において準備した。

三浦は柄谷の『心理を越えたものの影ー小林秀雄吉本隆明[8]で「同時代人を発見した」と思ったという。『現代思想』では70年代、当時注目の言論人としばしば対談を行い[9]、三浦は柄谷を雑誌の方向性の中心に据えたという[10]

1980 - 90年代

80年代、立て続けに『隠喩としての建築』『言語・数・貨幣』『探究Ⅰ』『探究Ⅱ』を発表。いわゆる「構造主義」「ポスト構造主義」の理論的再吟味とマルクス資本論』の価値形態論の再吟味を同時に行う仕事を行った。

その仕事は1995年『Architecture as Metaphor』としてまとめられ、英語版が出版された(2003年の岩波版『隠喩としての建築』はその和訳である)。日本における80年代消費社会とポストモダニズムの安易な結合を批判した『批評とポストモダン』(1984)と合わせ、その仕事は80年代、一世を風靡した。

例えばこの時期、大岡昇平は『批評とポストモダン』に小林秀雄のデビュー作「様々なる意匠」の再来を見出し[11]東浩紀は2000年代になって、同書を柄谷の作品で最も優れたものと評した[12]

1986年にはフランスポンピドゥー・センターで「前衛の日本」という大展覧会あわせて開催されたシンポジウムに蓮實重彦浅田彰とともに出席した。

 

『探求Ⅱ』連載終了後の1988年から、数回の中断をはさみながらも、雑誌『思潮』『批評空間』を浅田彰とともに主宰(2002年まで)。スラヴォイ・ジジェクを日本ではじめて本格的に紹介し特集をくむなど、浅田彰の国際的な編集能力に助けられた。

アドバイザリー・ボードと称するメンバーにはエドワード・サイード岩井克人鈴木忠志らが名を連ねた。

また若手批評家として東浩紀を生み出した。柄谷本人は90年代、この雑誌を中心に、それまでの構造と実存、あるいは個別性と単独性、一般性と普遍性の区別についての議論を、カント再吟味という形に移して継続した。

 

また1990年代は、ポストモダン建築脱構築主義建築の代表的作家である磯崎新ピーター・アイゼンマン、イグナシ・デ・ソラ・モラレスが主宰した建築と多領域の対話の場としての国際会議Any conference[9](1991 - 2000)に参加。

デザインや建築といった分野でも脱領域的に読まれることとなる。ロサンジェルスで行われたANYの第1回目の会議の最初のパネルではデリダと一緒に壇上に並んだ。

 

1995年には、カリフォルニア大学アーバイン校で、「エクリチュールナショナリズム[13]という論文を「人文科学の言説に関する国際会議」で発表。デリダがコメンテーターを務めた[10]

 

1991年には、日本の湾岸戦争関与に反対してアピールする文学者たち[14]の中心人物として運動を主導した。

1994年、法政大学の国際文化学部新設の取り下げに反対して教員によるロックアウトを行う。なお、法政大学では第一教養部に所属し、英語を担当しており、文学部の所属ではなかった。

2000 - 04年

2001年、『トランスクリティーク カントマルクス』を、その前年に自らも関わって立ち上げた生産協同組合である、批評空間社[11][12]から出版、その内容をもとに、2000年6月、アソシエーション=「国家と資本への対抗運動」の活動、NAM(New Associationist Movement)[13][14]を立ち上げる。

『NAM原理』(2000・太田出版)は、WEB上でその内容が公開されていたにもかかわらず当時1万7千部以上売れた。著名なエコロジー活動家など多数が参加し、最大700人の会員数を数えた[15]

2001年9月11日アメリカ同時多発テロ事件発生した際、NAMのサイトに「テロにも報復戦争にも反対する」という旨の声明が出た。なお『批評空間』のWEBサイト上で、9.11同時多発テロに対する柄谷行人のコメントとして「これは予言ではない」と題する文章が掲載された[15]

2001年12月にはWEB上でのヴァーチャルな取引を、制度設計として組み込んだことを目玉とする地域通貨Q[16]を、NAMとは独立した任意団体として西部忠を中心に立ち上げた。

当初の予定では、批評空間社もこのQに参入し、productsを部分的にQ支払い可能にし、出版メディア、そして最終的には流通一般そのもの、の既成の仕組みを徐々に変革していくことが目指されていた。

第3期批評空間創刊記念シンポジウムでは、建築や芸術のジャンルから磯崎新岡崎乾二郎らがパネリストとして並び、地域通貨Qによる流通の変革への期待が述べられた。

しかし、人間関係の軋轢、未知の問題点の噴出、ネット上でのコミュニケーションからおこる通信上の混乱などで、NAMは2003年1月に早々と解散。あるいは柄谷が「身も蓋もなく潰」した[16]。批評空間社も社長兼『批評空間』の編集者の内藤祐治の死(2002年春)を契機に解散した[17]

 

トランスクリティーク』自体は2003年NAM解散後、MITマサチューセッツ工科大学)出版から英語版が出版された。

ジジェクはこれを「必読の書」と評した[17]。しかしながらジジェクは、その中で、柄谷のカント読解がヘーゲルによるカント批判を軽視しているのではないか、商人資本の強調が労働価値説の位置を不確かなものにしているのではないか、地域通貨という解決策にも疑念が残るのではないか、と疑問を羅列するかたちで指摘している[18][19]

また日本語版としては、岩波書店から柄谷行人集第三巻『トランスクリティーク』(2004)と言う形で第2版が出された。なお柄谷のカント読解は、初版出版時、岩波新カント全集監訳者の坂部恵から高い評価を受けている[20]

 

また、柄谷は自身の「トランスクリティーク」という言葉はガヤトリ・C・スピヴァクの「プラネタリー」という言葉と親和性が高いとしている[21]

プラネタリー(惑星的)とはスピヴァクによると グローバリゼーション(地球全域化)という言葉への「重ね書き」」[22]として提案された。

実際、短期間所長をつとめた近畿大学人文研のキャッチフレーズは「プラネタリー(惑星的)な思考と実践」

「芸術とは何かを発見する術であり、認識を新たにする術であり、社会の生産のあり方をも変革する力、すでに存在する事物の再生産ではなく、まだ認識もされなかった事物を新たに見出し生み出す力、さらにその新たな事物を交換、流通させていくメディアの創設、社会関係の構築」であった。

2004年5月には近畿大学人文研での講義をもとにした『近代文学の終わり』[23]早稲田文学[24]に発表。

「若い人は「文学」をもうやらなくて結構です。かつての「近代文学」と持っている意義は同じだけど、何か、違うことを実現してください」という主旨を述べた。

柄谷は、事実上この前後から文芸批評を行っておらず、このジャンルから撤退同然である。別の場所では「これまでのスタンスのままで「文学」をいうことはできない。文学を続けたかったら、むしろそれを否定しなければならない」[25]とも述べている。

2004年11月には、京都大学で、この年の10月9日に亡くなったデリダの追悼シンポジウムに参加[26]。その中で「トランスクリティークとはディコンストラクションの否定ではなくその徹底化であると考えてもらってもいい」と述べた。

また同じく2004年に岩波書店から定本柄谷行人集(全5巻)[18]を刊行。英語やその他の言語に翻訳された著作・論文のみを選定し、今までの仕事を「定本」としてまとめた。

2005年 -

2003年にMIT出版から『Transcritique on Kant and Marx』[19]を刊行。

2004年に岩波書店から定本柄谷行人集(全5巻)[20]を刊行。英語やその他の言語に翻訳された著作・論文のみを選定し、今までの仕事を「定本」としてまとめた。

2005年4月から朝日新聞の書評委員[21]

2006年3月に[近畿大学国際人文科学研究所][22]所長を、副所長で、坂口安吾研究者の関井光男(柄谷とともに新坂口安吾全集を編集)とともに辞任。2006年1月19日の公開最終講義以降、外国を含め、大学においてゼミは行っていない。現在は自宅近くで、半年に一度、長池講義[23]という無料の公開講義を行っている(2007年11月より)。

2006年4月には「21世紀の教養新書」として再出発[27]することになった岩波新書赤版から刊行数1001点目・装丁リニューアル第1弾として『世界共和国へ』を出版。なお「世界共和国」という言葉はカントの『永遠平和のために』(1795)からとられている。

2007年10月、アメリカスタンフォード大学で講演を行った。映像は、YouTube[24]で見ることができる。

近年は佐藤優(『獄中記』)[25]宮崎学(『法と掟と』)[26]への評価が高い[28]

柄谷のアソシエーション=「国家への対抗」が必然的に国家の法・実定法と緊張関係に入る、あるいは、それとは一定程度独立した自治的空間の創出を目指すことになる、ことから、さまざまな具体的な模索をしていることの一環(宮崎学」への高評価・中間団体丸山真男)の評価)[27]だと思われる[29]

またヴィトゲンシュタインオースティンハーバート・ハートの流れを汲む英米法哲学の主流派の一人、ジョン・ロールズ(『正義論』『万民の法』)をカント的理念を法に持ち込むものとして高く評価している。

なお、ネグリ=ハートマルチチュード(有象無象)論に関しては、

「二元性(帝国(グローバルな資本主義)対マルチチュード)は、諸国家の自立性を捨象する時にのみ想定される」[28]

つまり国家を軽視している、と懐疑的である。とはいえ、90年代終わり

「『トランスクリティーク』を書いた時点では、(…)ネグリらの観点と似たものを持っていた」

「グローバルな資本主義の深化が、ネーション=ステートというものを希薄にすると考え」ていた、とも認めている[30]

新自由主義リバタリアニズムに関しても、その思潮は、リベラルな外観のもとに、実質的に、国家と資本、政治と経済の結合を強め、国家的統治を強化することにしかならず、しかもそのことを隠蔽する、と批判的である[29]

現在はフェアトレード事業を行っているオルタートレード[30]の機関誌・季刊『at[31]』(太田出版)において『「世界共和国へ」に関するノート』を連載中。国家論や互酬制・相互扶助論についての原理的な論究を行っている。

2008年1月には『新現実』Vol.5[32]太田出版)で、大塚英志と対談。その中で柄谷は「批評空間の立ち上げはもう無理」「NAMも同じで、違う形ではやるかもしれないが、俺がもう二度とやるとは思うなよ」と述べている。

地球温暖化などの環境問題に関しては、物理学者槌田敦地球温暖化二酸化炭素原因説=原子力発電奨励批判[31]に注目している[32]

同様な趣旨で、2008年4月7日朝日新聞紙上に「科学者の課題は何ですか」という分子生物学福岡伸一氏とのクロストークが掲載された。

早稲田大学2008年4月1日入学式での不当逮捕抗議声明[33]すが秀実の項を参照)に賛同署名している[33]

2010年6月、岩波書店から『世界史の構造』を出版した。

人物

  • Wikipediaを評価している[34]
  • 1960年の安保闘争[35]のときには全学連主流派かつ安保ブント[34]の学生活動家であった経歴もあり、一貫して日本共産党とは違った立場の「左翼」を自認している。アナーキストとも自認する。
  • が、同時に、国家を直接に否定することで、結局、強い国家を呼び起こす、国家ネーションは簡単に超えられない、としてアナーキズムに関して批判的でもある。「実際的には漸進主義」で「現実的には、妥協の人」[35]とも自分を規定する。「資本=ネーション=国家揚棄するという理念がありさえすれば、実際の立場や方法にはこだわらない」[36]とも自分では述べる。
  • 作家の冥王まさ子は元妻で、彼女の小説にモデルとして登場している[37]。柄谷は彼女の死後、再婚している。
  • 筒井康隆中上健次とともに日本文芸家協会を1990年に退会しているが、その際「入会してから一度も会費を払ったことがない自分に退会の資格はあるのか」と最初は退会を逡巡していた。しかし中上に「名簿に名前が載っている以上、退会は可能である」と促され、最終的には二人に同調することとなった。[38]
  • 阪神タイガースのファン。野球をプレイするのも好きで、80年代、蓮實重彦中上健次らと「カレキナダ」という草野球チームを作っていたことがある[39]

批判

 

1980年の『日本近代文学の起源』における「『文学』という概念は歴史的にもともとあったものではなく、近代になって『源氏物語』や井原西鶴などが、『文学史』として再発見され、作りだされた」といった議論は、大きな影響力をもった。その後、「○○は近代になって、人工的に産み出された概念である」というように、様々な論者によって流用されてきた。[40]

しかし1978年に『日本近代文学の起源』が『季刊藝術』に連載されていた時点で、亀井秀雄が『群像』での連載「感性の変革」において、「起源」の同定作業が不徹底であるなど厳しく批判した。が、柄谷は応答しなかった。さらにアリエス『<子供>の誕生』の剽窃だとする批判もあるが、本人は読んだことがない、と否定している[41]

 

これまでと同様に柄谷氏は、文芸批評者の大勢を追って右にも左にも大胆に立場を変えるだろう。その時々の読者の前で、華麗な思考を上演して見せ、常に文芸の正しい水先案内人であり続けるだろう。だが肝心の読者たちは、いつまでも氏の子守歌を求め、耳を傾けるのだろうか。

 

社会学者宮台真司は「マルクス主義への反省からアナーキズム(国家なき中間集団主義)を提唱するアホ」と批判している[42]

 

マルクス主義への反省からアナーキズム(国家なき中間集団主義)を提唱するアホが出てきた。柄谷行人(笑)。おいおい、フランス第三共和制を反省したプルードンアナーキスト)へのそのまた原理的克服は、マルクス主義だけじゃなくて、デュルケーム社会学的中間集団論(国家肯定の中間集団主義)によっても図られたのを忘れちゃ困る。

略歴

受賞歴

著書

文学

哲学

共著

編著

共編著

選集

  1. 日本近代文学の起源
  2. 「隠喩としての建築」
  3. トランスクリティーク――カントとマルクス
  4. 「ネーションと美学」
  5. 「歴史と反復」

韓国語版 柄谷行人コレクション

  •  『세계공화국으로(世界共和国へ)』, 2007
  •  『역사와 반복(歴史と反復)』, 2008
  •  『네이션과 미학(ネーションと美学)』, 2009
  •  『일본 근대문학의 기원(定本 日本近代文学の起源)』, 2010
  •  『근대문학의 종언(近代文学の終わり)』, 2010
  •  『정치를 말하다(柄谷行人 政治を語る)』, 2010
  •  『언어와 비극(言葉と悲劇)』, 2004
  •  『문자와 국가(戦前の思考)』, 2011
  •  『트랜스크리틱(定本 トランスクリティーク―)』, 2012
  •  『세계사의 구조(世界史の構造)』, 2012
  •  『자연과 인간(自然と人間)』, 2013
  •  『세계사의 구조를 읽는다("世界史の構造"を読む)』, 2014
  •  『철학의 기원(哲学の起源)』, 2015

柄谷の研究書

  •  曺泳日『가라타니 고진과 한국문학(柄谷行人と韓国文学)』(図書出版b、2008年)

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 「文学と運動-2000年と1960年の間で」(インタビュー)2001年『文学界』1月号
  2. ^ 選考者は江藤淳大江健三郎野間宏安岡章太郎
  3. ^ 吉本隆明は、1980年代〜90年代、自分を批判した浅田彰柄谷行人蓮實重彦に対して、他者や外部としての「大衆」をもたず、知の頂を登りっぱなしで降りてこられない(親鸞でいうところの「還相」の過程がない)「知の密教主義者」として、「知的スノッブの三バカ」「知的スターリニスト」と激烈に応答した(『情況への発言全集成3(洋泉社2008)』p200p278p338)柄谷行人に関しては、1989年時点で、「せっかくブント体験をもってるのに」「最低のブント崩れ」とも評している(『情況への発言全集成3(洋泉社2008)』p226参照)。ただし2005年になって、吉本は「今は、どう動くかを考える段階、考えて具体的なものをだすべき段階」「いつまでもつまらない世代論を論じている場合じゃない。そんなことにはあまり意味がない」として、まだ「若くて政治運動家としての素質もやる気がある」人間として唯一柄谷行人の名を挙げ、「やってほしいこと、やるべきこと」の注文をつけている(『時代病』(ウェイツ, 2005)あとがきp204参照。なお親鸞の「還相」を、吉本隆明は2002年『超戦争論』においては、「視線の問題」である、としている。吉本は、「親鸞が還相ということでいっているのは、物事を現実の側、現在の側から見る視線に加えて、反対の方向からー未来の側からといいましょう、向こうのほうから、こちらを見る視線を併せ持つってことだというふうに僕は考えています。こちらからの視線と、向うからの視線、その両方の視線を行使して初めて、物事が全面的に見えてくるというわけです。」と述べている(『超・戦争論』(2002アスキーコミュニケーションズ)下巻pp230参照)
  4. ^ 「朋輩中上健次」『文学界』1992年10月
  5. ^ これら漱石に関する論考は、2001年平凡社ライブラリー版『漱石論集成』にほぼ全て収められている)
  6. ^ 「内面への道と外界への道」:『畏怖する人間』収録
  7. ^ 『内省と遡行』(1980連載)『形式化の諸問題』(1981)等。三浦雅士が『現代思想』編集から離れたときには『「現代思想」と私』(1981.12)という短いエッセイを捧げている
  8. ^ 1973『畏怖する人間』収録
  9. ^ 多くは『ダイアローグ』のⅠ・Ⅱに収録されている
  10. ^ 「意識と自然」からの思考― 三浦雅士との対談『ダイアローグⅣ』
  11. ^ 「政治化した私」をめぐって― 大岡昇平との対談『ダイアローグⅢ』
  12. ^ 「誤状況論」『文学環境論集 東浩紀コレクションL』2007
  13. ^ 『ヒューモアとしての唯物論』収録
  14. ^ 署名したものにはいとうせいこう川村湊島田雅彦高橋源一郎田中康夫津島佑子中上健次吉田司らがいる。
  15. ^ 「どうか、皆さん、国家資本が煽動する愚かな興奮の中に呑み込まれたり、右顧左眄・右往左往することはやめてもらいたい。そうすれば、三、四年後に確実に後悔するだろうから。その逆に、「戦後」に向けて、着々と準備をすることを勧めたい」(出典:批評空間WEBサイト)。なおこれには、大塚英志による批判がある。大塚は『小説トリッパー』2001年冬季号に掲載された「それはただの予言ではないか──「戦時下」の「文学」について──」(のちに角川文庫・『サブカルチャー反戦論』に再録)という文章において、柄谷の「今は右往左往せず、戦後に備えた方がいい」という主旨の呼びかけに対し、「戦時下の今こそ、言葉を発するのが文学者としての責務ではないか」と述べている(角川書店の『同時多発テロ以後のガイドブック』でも大塚は同様の発言をしている)。
  16. ^ 「「努力目標」としての近代を語る」『新現実05』2008での大塚英志の表現。p39参照。なお大塚は、柄谷のNAM解散断行を肯定している。一方、批評空間社の共同出資者であり、『批評空間』の執筆者であった鎌田哲哉らが、NAM・柄谷行人に批判的・総括的な視点・運動の再生という視点(鎌田は2003年4月発行の『重力02』において、「運動が崩壊したときに本当は運動が始まる。「重力」出版会議が始動して、年に何冊か本が出て、Qで流通するようになったらかっこいい」と述べている(P41)。)から『重力03 Q-NAM問題』を出版しようと2003年秋から試みるが、2009年現在、実現されていない。鎌田のNAM・柄谷批判としては、WEB上で『京都オフライン議事録・西部柄谷論争の公開[1]』(2003.11)を、結論が未完ではあるが読むことができる。そのなかで議事録が一部公開されている。なお、解散直前のNAMに関しての柄谷の詳細な言及は、2002年11月韓国嶺南(ヨンナン)大学での講演記録[2]雑誌『緑色評論』のwebで読むことができる。
  17. ^ 『『The Parallax View』(MIT)2006 『思想』2004年8月号に『視差的視点』として翻訳あり
  18. ^ この点に関しては、柄谷自身による朝日新聞におけるジジェクの『パララックス・ビュー』の書評で簡潔な反論を試みており、自身のサイトに再録している。http://www.kojinkaratani.com/jp/bookrv/post-49.html 【初出】:2010.3.7 朝日新聞書評欄
  19. ^ また、トルコ人批評家アフメット・オズによる柄谷行人インタビュー(『at プラス02』(2009、p101)に詳しくこのジジェクの指摘に関する実情が掲載されている。
  20. ^ 柄谷・板部の対談「カントとマルクス―『トランスクリティーク』以後へ」『群像』2001.12
  21. ^ 2004年10月27日朝日新聞『プラネタリーな抵抗』
  22. ^ 『ある学問の死-惑星思考の比較文学へ』みすず書房2004
  23. ^ 近代文学の終わり・柄谷行人の現在』2005インスクリプト収録
  24. ^ 早稲田文学」(第9次)は柄谷論文の掲載号(2004.5)から2005年5月の第9次休刊まで、「近代文学の終わり」という特集のもとに、刊行を続けた。
  25. ^ 「Re-membering Jacques Derrida」2005年2月『新潮
  26. ^ 他に鵜飼哲浅田彰がシンポジウム出席者/ 京都大学現代思想自主ゼミ主催:2005年2月『新潮』に「Re-membering Jacques Derrida」として採録
  27. ^ そのキャッチコピーは「変わりますが変わりません」だった
  28. ^ 2006・2007年度書評委員「お勧めの三点」[3][4]朝日新聞
  29. ^ 丸山真男アソシエーショニズム』「思想」2006.8
  30. ^ 座談会「『世界共和国へ』をめぐって」『at』4号[5]:2006
  31. ^ エコロジー神話の功罪』ほたる出版、「エントロピー論から見た農業」『at』6号[6]「温暖化の脅威を語る気象学者のこじつけ論理」『at』11号2008[7]
  32. ^ 『at』6号2006「『世界共和国へ』に関するノート」(2)p137脚注の部分に柄谷による槌田敦の提言の詳しい要約がある
  33. ^ 2008年8月、現行の大学改革に関して、書評に絡み、「アメリカでは、大学教育をより効率的にするために、ムダと見える学問、特に、人文学を切り捨ててきた。日本でもその真似(まね)をしている。(…) 本書の原題は「暗黒時代が近づいている」という意味であるが、暗黒時代とは、ローマ帝国が滅んだあとのゲルマン社会で、ローマの文化がすぐに忘却されてしまったことを指している。そのような事態が現在おこりつつある、という著者の予感に、私は同意する。それをひきおこしているのは、いうまでもなく、グローバルな資本主義である。」[8]と述べている。
  34. ^ 全学連主流派を牽引していたのが安保ブント・世界初の共産党からの独立左翼と言われる。
  35. ^ 山口二郎中島岳志との対談「現状に切り込むための「足場」を再構築せよ」p30参照『論座』2008.10
  36. ^ 山口二郎中島岳志との対談「現状に切り込むための「足場」を再構築せよ」p29参照『論座』2008.10
  37. ^  『天馬空を行く』(1985)は1976年夏アメリカ・ニューヘイブンエール大学所在地)出発のヨーロッパ旅行を小説化したものである。ポール・ド・マンも実名で登場している。文庫版は柄谷が解説を書いている。
  38. ^ 筒井康隆『笑犬樓よりの眺望』(新潮社1994)「中上健次が死んだ」
  39. ^ ちなみに過去在籍メンバーは、渡部直己絓秀実松本健一立松和平高橋源一郎平石貴樹尾辻克彦赤瀬川隼ねじめ正一島田雅彦、など)。東京堂書店セミナーで顔を合わせた時に結成。
  40. ^ 李孝徳『表象空間の近代』、ハルオ・シラネ鈴木登美編『創造された古典』など。石原千秋はこれを「つくられた系」の議論と呼んでいる。
  41. ^ 『ダイアローグ』参照
  42. ^ 宮台真司宮崎哲弥(2004年)『M2われらの時代に』、朝日文庫、281頁

参考文献

関連項目・人物

外部リンク

 
 

柄谷行人」の書誌情報