読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小国民

この記事は クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0 のもとで公表された少国民 - Wikipediaを素材として二次利用しています。

 
 1916年の日本のボーイスカウト活動の様子。まだ少国民という呼び方はされていない時期である。

 

少国民(しょうこくみん)は、日中戦争から第二次世界大戦までの日本において、銃後に位置する子供を指した語である。これは、ドイツのヒトラーユーゲントで用いられた「Jungvolk」の訳語である[要出典]。現在では死語である。 

概要

大日本帝国憲法下の日本では、「国民皆兵」として兵役の義務に服さねばならぬことになっていた。そのため、子供へも戦時の基礎教育が広く行われた。

特に、張作霖爆殺事件以後のいわゆる軍国主義の時代においては、小学生は「少国民」と呼ばれ、小学校(第二次大戦中の国民学校)でも基礎的な軍事訓練を受けるほか、戦争や軍隊への親近感を抱かせるような教育が行われた。教科書や読み物には軍艦戦闘機戦車(タンク)が登場していた。

1920年代生まれ(“戦中派”)や1930年代生まれ(“焼け跡世代”)の世代が、「少国民」と呼ばれたことになる。この語にこだわった著作をいまもつづける作家・山中恒1931年生)もその一人である。

1942年(昭和17年)2月、文化・教育・産業等さまざまな国民生活に対し、「戦時統制」が敷かれたが、いわゆる「小学館の学年別学習雑誌」に敷かれた統制が、『国民一年生』 - 『国民六年生』(現在の『小学一年生』 - 『小学六年生』)を、低学年向けの『良い子の友』と高学年向けの『少國民の友』に統合する、というものであった[1]

日本以外では、軍政時代の大韓民国国民学校(現在の初等校に相当する)用教科書も、似たような軍国主義的な内容だったと言われている[要出典]

参考書籍

関連項目

  1. ^ 小学館の学年別学習雑誌」および「良い子の友と少國民の友」の項の記述を参照。
 
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。 

 

少国民」の書誌情報