読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸妓

この記事は クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0 のもとで公表された芸妓 - Wikipediaを素材として二次利用しています。

 
 
 
新潟の芸者と一緒にお座敷

芸妓(げいぎ)とは、舞踊音曲鳴物で宴席に興を添え、客をもてなす女性。芸者・芸子のこと。酒席に侍って各種の芸を披露し、座の取持ちを行う女子のことであり、太夫遊びが下火となった江戸時代中期ごろから盛んになった職業の一つである。

江戸時代には男芸者と女芸者とがあった。江戸時代には京都や大坂で芸者といえば男性である幇間(太鼓持ち)を指し、芸子が女性であったが、明治になると芸者が男性を指すことはなくなり、以降は大阪でも女性を芸者というようになった。京都では芸妓(げいこ)とよばれる。現代では料理屋(料亭)、待合茶屋に出入りする芸者が売春を行うことはない。地方の温泉地等ではコンパニオンと呼ばれる派遣の芸妓などが存在し、また俗に枕芸者と呼ばれるものも一部に残っている。

呼名・異称・用字にはさまざまなものがある。下記「名称」の項目を参照のこと。

 

名称

 
京都の「宮川町」芸子

芸妓は、「芸者(女芸者)」、「芸子(げいこ)」と呼ぶのが古い言いかたであるが、明治以降、「芸妓(げいぎ)」という呼名も行われるようになった(本稿ではこの呼名を用いる)。

芸妓は多くの場合、一人前の芸妓と見習とに区別されており、それぞれの名称が地域によって異なる。

  • 京都
    • お茶や団子を提供する水茶屋で働く茶立女(ちゃたておんな)が歌舞伎芝居を真似て三味線や踊りを披露するようになったもの。
    • 芸妓を「芸妓(げいこ)」、見習を「舞妓(まいこ)」と呼ぶ。
  • 東京を中心とする関東地方
    • 芸妓を「芸者」、見習を「半玉(はんぎょく)」・「雛妓(おしゃく)」などと呼ぶ。
  • その他の地域
    • 山形石川
      • 芸妓を「芸妓(げいこ)」、見習を「舞妓(まいこ)」と呼ぶ。

装束

一人前の年長芸妓の場合は主として島田髷に引摺り、詰袖着物、水白粉による化粧(近畿系芸妓は正式にはお歯黒を付けるが現代では通常は付けない/関東系はお歯黒を付けない(関東系遊女は付ける);どちらも引眉はしない)というのが一般的である(地方などは土地柄によって束髪に普通の化粧という場合もある)。三味線箱を男衆に持たせたりして酒席に赴く。

半玉舞妓ら年少の芸妓の衣装は、髪形は桃割れ等の少女の髷で、肩上げをした振袖を着る。帯・帯結びも年長芸妓とは異なる。この内、京都の舞妓は、だらりの帯結び、履物はおこぼ(こっぽり)などで知られる。

東京深川辰巳芸者は「いき」をむねとし、足袋をはかず素足での下駄を履き、羽織をはおることをもってその心意気とする。したがって、辰巳芸者を「“羽織芸者”」、略して「“羽織”」とも呼んだ。

芸妓は、花魁や花嫁のように右手ではなく、左手で着物の褄(つま)を取るので、「左褄(ひだりづま)」と呼ばれることもある。

制度

芸妓は通常、置屋に籍を置く。置屋はあくまで芸妓の抱元(タレントでいう所属事務所) であり、客を遊ばせる場所ではない。

江戸では、待合茶屋にあがった客が、茶屋を通して芸妓に指名を掛け(これを「何某を呼ぶ」または「何某を知らせる」という)、揚屋で実際に遊ぶことが一般であった。ただし上方(かみがた)では茶屋と揚屋がひとつになっていて置屋が直接に指名を受ける場合が多く、江戸でも料亭船宿が直接置屋に指名をかけ、場所を移動せずに遊ぶこともあった。当時、芸妓は遊郭遊女が来るまでの場つなぎとして呼ばれることが多く、この点が明治以降とはかなり違う。

現在では揚屋はほぼどの土地にも存在しない。その代わりに検番をおいて置屋のとりまとめを行い、芸妓や幇間の大半はこれに所属している。茶屋(または揚屋)にあがった客は、店を介して検番に声をかけ、芸妓を知らせるのである。また、検番では、芸妓の教育をもまとめて行っている場合が多い。

利用法

 
大正期の芸者遊び

通常、客は宴席を設ける料理屋にその旨を伝え、予算や希望に応じて料理屋が芸妓の手配をしてくれる。無論、指名も可能である。また、馴染みになれば直接お茶屋・置屋に芸妓を手配し、酒席に呼ぶことができる。通常、芸妓の手配や出入りができる料理屋は決まっており、どこでも呼べるわけではないので注意が必要である(料亭の項を参照)。

しかし最近では様々な緩和により加盟店以外の出入りも見受けられる(その場合、割り増しや各種の条件がつく場合もある)。

当日その場でも空きがあれば手配も可能だが通常はあまりそのようなことはしない。

その料金のことを、関東では「玉代(ぎょくだい)」または「線香代」、近畿では「花代(はなだい)」などと呼ぶ。「線香代」というのは、時計のないころに線香1本が燃え尽きるまでの時間の料金だったからという。 このほかに祝儀(ご祝儀)と呼ばれる一種のチップのようなものも必要となる。

芸妓の料金の支払い方法は、使用した料理屋等からの請求で飲食の代金とあわせて来るのでその際に一括して支払う。

役割:立方と地方

芸妓には大まかに立方と地方との2種がある(京都でいう舞妓・芸子の別は、職掌としては、ほぼこの立方・地方の別に等しい)。

立方(たちかた)
舞踊を主にする者
地方(じかた)
長唄清元などの唄、語りや三味線や鳴物の演奏をうけもつ者

地方となるにはそれなりの修練が必要であり、通常は立方を卒業した姉芸妓が地方に廻る。そのほか、芸妓には素養としてひととおりの音曲、茶道などの修行が求められることが多い。このような事情から、昭和年間前半(1930~50年代)には、芸妓出身の女性歌手が輩出した。小唄勝太郎市丸などが有名で、「うぐいす芸者」と称されていた。

娼妓との区別

芸妓はあくまでも芸を売って座の取持ちを行うのがその勤めである。しかし、江戸時代以来、芸妓もその他の遊女と同様、前借金を抱えた年季奉公であり、過去の花街人身売買売春の温床となっていた。大正時代には、新聞社が仲介した養女の貰い手の大半は新橋・赤坂・下谷などの芸妓屋であったという[1]

誰でも構わず身を売ることは「不見転(みずてん)」として戒められたが、第二次世界大戦後までこうした不見転はほぼどこの土地でも見られ、置屋も積極的にこれを勧めることが多かった。

しかし、あくまで芸妓は遊女とは区別され、一流の芸妓は「芸は売っても体は売らぬ」心意気を持ち、決まった旦那に尽くし、その見返りに金銭が報われるというのがその建前になっていた。むろん、こうした実態を嫌い、芸妓は客の自由にならぬものという気概を貫きとおし、一生涯旦那を持たない名妓も多くいた。なんの自由も無いと考えられがちである芸妓だが、恋愛の自由は昔からかなり認められていたようだ。

自らの芸によって生活する芸妓は、明治以降一種のあこがれの存在としてとらえられることも多く、雑誌で人気投票が行われたり、絵葉書が好評を博したこともあった。

明治・大正時代には、名古屋を中心とする尾濃伊(尾張、美濃、伊勢)と、新潟を中心とする北越地方が芸妓の産地と言われ、東京では美妓・名妓と呼ばれる多くがそれらの出身者だった[2]

旦那

芸妓の世界にはかつてこの旦那が不可欠だった。芸妓が存在する土地には旦那の存在があり、いわゆるパトロンやスポンサーといったような人物である。しかし、適度に援助したり協力する程度のものではなく、芸妓一人を見出し決めるとほとんど生涯にわたり世話をしてくれる。芸妓が若手見習いから一人前になるまでには多額の費用がかかる。この旦那は着物から持ち物、装飾品や生活費まで数百万円 - 数千万円負担する。なかには数億円出すことも珍しくはない。

この莫大な費用からしてみてもだれでも旦那になれるわけではなく、必然的にその土地の財界人やトップクラスの企業の経営者などで、多額の金銭をポケットマネーでまかなえる人物であった。一方の芸妓も芸妓になれば誰でも旦那がつくわけではなく、美貌と卓越した芸などが備わった芸妓である。若手の時に旦那がつけばいわゆる水揚げとなり、ある程度歳を重ねていても旦那様はつく。

芸妓はその旦那につくことになり、旦那はその芸妓の一番のひいきになり面倒を見て信頼関係が構築される。芸妓には目に見えてのメリットがある。しかし旦那は通常家庭を持っていたりするため、ある程度割り切った生活でこれといってメリットはない。無論、所詮男女なのでそのようなこともあるが、建前は健全な協力である。

旦那のメリットは「男の甲斐性」である。「あの芸妓にこれだけのことをしてやった」「こんなに金を出した」という粋なはからい。また各土地の屈指の金持ちであるから、まわりへの財力のアピールにもなる。通常は自らの家庭と芸妓の世話の両立が原則だが、中には芸妓にのめり込みすぎて家庭が破綻したり、悪い芸妓に利用されて破産する者もいる。

後述するように、現在ではこの旦那は皆無に近い状態である。それは時代にそぐわない制度と内容であるからである。不況や、そのような粋なことをする男性が少なくなったり、また娯楽の多様化や家庭重視、金銭的な問題等から芸妓にそれだけのことをする意味がないなど、複数の要因がある。

しかし、現在でも京都などの大都市には、わずかながら旦那が存在する。 一方の芸妓にも意識の変化があり、仮に申し込んだ場合に断り通常の生活や結婚を望むという芸妓もおり、やはり時代の変化と言える。 このような旦那側、芸妓側、また時代の変化により芸妓文化のある地方ではこの「旦那」は見られなくなった。

現状

かつて日本全国に多くの花街花柳界)があり、芸妓も多数いた。第二次世界大戦以後は、児童福祉法の制定によって子どもの頃から仕込むことが困難になり、娯楽と接客の多様化により花柳界も衰退し、芸妓の数は減り続けた。後継者不足のため、花街側は頭を抱えている状況だが、山形秋田では会社制度に転換したりして後継者を育成し続けている。

旦那制度はほぼ無しに近い状態で、芸妓一人一人自前で着物などを用意する。

山形県酒田市

山形県酒田市では、1990年に「港都振興」を設立した。[1]

新潟県新潟市

 
新潟芸者の舞

新潟市には、中心市街地の中央区古町を活動拠点とする古町芸妓が存在する。

古町芸妓は、最盛期には400人ほどいたが、現在ではは20数名程。実働は10数名となっている。後継者がいないため年々人数が減少していることから、1987年(昭和62年)に芸妓出入りの料理屋や財界人の出資により「柳都振興株式会社」が設立された。

愛媛県松山市

愛媛県松山市には大正~昭和初期の全盛期には、県内で検番が約40軒、置屋が439軒、芸妓が1350人いた。現在も芸妓の数は少なくなったが、松山検番や新検番が存在する。

兵庫県神戸市 有馬温泉

日本最古である有馬温泉には古くから芸達者な芸妓がいてその伎芸は現在も若い芸妓に伝承されている。有馬検番があり、現在置屋が4軒、梓席・田中席[2]・わかまつ席・初音席。常に白塗りでかつら、着物で座敷にあがる(有馬温泉観光協会[3]参照)。

温泉街だが近畿の奥座敷と呼ばれ格式が高く、遊郭のような店もなく、またその様な人(ピンクコンパニオンなど)が旅館やホテルに出入りするのも禁じられている。

各地の芸妓

かつて存在した芸妓

中国の芸妓

1900年頃に中国を訪れた芸妓の観察によると、中国の芸娼妓は、「嫖児」と言い、三段階の階級があった。最下級が「野鶏」、その上が「長三」といって日本の半玉に当たり、場合によっては娼妓も務める。

最上が「青宮人」と呼ばれ、芸妓に当たる。彼女らを仕切る親方は、男が「亀公」、女が「亀婆」と呼ばれ、それぞれが数人の嫖児を持ち、同業者と共同で大きな館を借り、これを「院房」と呼んで茶屋として営業。他に、茶館や茶楼と称してわずかな茶代で野鶏や長三を呼んで遊ぶこともできる。

院房は通りから入った路地の奥にあり、城郭の外に金文字で女の名前が掲げられ、入口にいる番人が客を出迎える。客が中に入ると、十数人の嫖児が顔出しし、客はその中から好みの者を選ぶ。青宮人の場合は、客とともに書楼と呼ばれる場所に行き、そこで芸を見せる。気に入った娘がいた場合は、お茶を注ぎに来た男性従業員に耳打ちし、待合する。[3]

関連書籍

1998年6月、ISBN 4763616420

脚注

[ヘルプ]

関連項目

外部リンク

 テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。

 

 

「芸妓」の書誌情報