読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行動療法

この記事は クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0 のもとで公表された行動療法 - Wikipediaを素材として二次利用しています。

 

行動療法
治療法
ICD-9-CM 94.33
MeSH D001521

 

行動療法(こうどうりょうほう、behavior therapy)は、心理療法のひとつで、学習理論行動理論)を基礎とする数多くの行動変容技法の総称。近年は広義の認知療法との交流・統合が進展し、認知行動療法と称されることも多い。

行動療法においてターゲットとすべきは客観的に測定可能な「行動」であり、また目標とすべきは「望ましくない行動の低減」や「望ましい行動の増大」といった「行動の制御」であるとされる。

心理療法の方向性による分類では「訓練療法」の一種ということになり、精神分析のような原因探求的「洞察療法」や来談者中心療法のような受容的「支持療法」とは一線を画する。 他の心理療法に比べて時間がかからず費用も少なくすむ反面、クライエント自身の主観的体験や内面的葛藤を重視していないため、特定症状を除去したところで代わりに別の症状が出てくるだけだという批判もあるが、科学的根拠はない。

なお「療法」と称しているものの、行動療法技法は精神科・心療内科などの医療に留まらず、種々の技能訓練習癖の改善、リハビリテーション、障害を持つ子どもの療育、犯罪者の矯正教育など、幅広い分野において利用されている。この場合、行動変容ないし行動修正(behavior modification)の呼称が用いられることもある。数ある技法の中には、古来より経験則として用いられてきたしつけや訓練の技法を洗練したものも含まれている。

 

主な技法

レスポンデント技法

強化技法

消去技法

  • 暴露法(エクスポージャ法)
  • 脱感作技法(拮抗条件づけ技法

オペラント技法

強化技法

消去技法

  • 一般的オペラント消去技法
  • レスポンスコスト技法
  • 条件性制止技法

資格

関連項目

外部リンク

 テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。

行動療法」の書誌情報