読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月代・さかやき

この記事は クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0 のもとで公表されたさかやき - Wikipediaを素材として二次利用しています。

 

 
 
 
月代をした浅井長政

さかやき(月代)は、日本成人男性髪形のひとつ。頭髪を、前額側から頭頂部にかけて半月形に、抜き、または剃り落としたもの。

歴史

兜を被った際に頭が蒸れるのを抑えるために頭頂部の髪を抜くあるいは剃ったものであり、平時は、これをまとめてを結った。なお、現代日本において時代劇等で一般男性の髷としてなじみとなっているのは銀杏髷であり、髷が小さい丁髷ではない。月代をそり、髷を解いた髪型を「童髪(わらわがみ)」といい、「大童(おおわらわ)」の語源となっている。また、兜を被った際に頭が蒸れるのを抑える目的は「弁髪」に共通している。

「サカヤキ」の語源、また「月代」の用字の起源は諸説ある。一説にさかやきはサカイキの転訛であるという。戦場でをかぶるとが逆さに上るから、そのイキを抜くためであるという伊勢貞丈の説が広く認められている。

玉葉安元2年7月8日の条に、「自件簾中、時忠(平時忠)卿指出首、(其鬢不正、月代太見苦、面色殊損)」とあり、平安時代末期、行われていたことが分かる。

太平記』巻5に、「片岡八郎矢田彦七あらあつやと頭巾を脱いで、側に指し置く。実に山伏ならねば、さかやきの跡隠れなし」とあり、絵巻物などと照らし合わせると、鎌倉時代室町時代にさかやきが行われていたと分かる。当時は、による頭の蒸れ対策として戦の間だけ行われた習慣であり、日常に戻った時は総髪となった。

戦国時代になると、さかやきが日常においても行われるようになった。それまでは毛抜きで頭髪を抜いてさかやきを作るのが主流であったが、頭皮に炎症を起こし、兜を被る際に痛みを訴える者が多くなったため、この頃を境に毛を剃ってさかやきを作るのが主流となる。

沖縄の古謡集『おもろさうし』のうち、1609年島津氏による琉球出兵を歌ったものでは、薩摩兵を「まへぼじ(前坊主)」と揶揄しており、さかやきを作っていた事がわかる。

江戸時代になると、一定の風俗となった。公卿を除く、一般すなわち武家平民の間で行われ、元服の時はさかやきを剃ることが慣例となった。さかやきでない者は、公卿浪人山伏学者医師人相見物乞いなどであった。

さかやきの形は侠客、中間、小者はぼんのくぼまであり、四角のさかやきは相撲から起こり、その広いのを唐犬額といった。江戸時代末期にはさかやきは狭小になり、これを講武所風といった。また若さをアピールする一種のファッションとして、さかやきやもみあげをで蒼く見せるという風習も流行した。

明治断髪令まで行われた。

 

 

「さかやき」の書誌情報