読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんか嬉しかったこと

ウィキペディアに小額だけど寄付したらすごい丁寧な礼状が届いた。

テンプレの電子メールなのに、なんか真摯な気持ちが伝わってきて

嬉しかった。

紹介してもまずいことはないだろうと思うので

差し障りの無いとこだけちょと引用します。

 

ウィキメディア財団からの感謝

**** 様

貴重な寄付をお寄せいただき、世界中のすべての人に知識を届ける活動に参加頂きまして、誠にありがとうございました。

 私、ライラ・トレティコフは、ウィキメディア財団の事務長を務めさせていただいております。百科事典を278の言語に拡大し、世界中のより多くの人がアクセスできるようにするという私たちのこの一年間の努力は、あなたのような支援者の方々からの寄付によって支えられてきました。私たちは特に、教育を受けるのが難しい人たちの状況改善のために邁進してまいりました。例えば、インドのソーラープルで生まれた、アクシャヤ・アイエンガーがいます。織物業が盛んな小さな町で育ったアクシャヤは、ウィキペディアを主な情報源として学んできました。本は手に入りにくいものの携帯のインターネットは使えるこの地域の学生にとって、ウィキペディアは学習の手段なのです。アクシャヤは、インドで大学を卒業後、今ではアメリカでソフトウェアエンジニアとして働いており、彼女の知識の半分がウィキペディアのおかげだと語っています。

このような話は特別なものではありません。私たちは志高い使命をもち、幾つもの課題に立ち向かっています。ウィキペディア非営利団体によって運営され、寄付によって成り立っていることを知って、多くの利用者は驚かれます。毎年、ウィキペディアという「人類の知識の総和」をすべての人に提供し続けるために足るだけの寄付をいただいています。この使命を実現可能なものとしてくださる支援者の皆さまに、心より感謝いたします。

ウィキペディアのほぼ5億人の読者、何千人ものボランティア編集者、そして当財団職員を代表致しまして、皆さまに感謝いたします。今年もまた、広告を掲載せず、ウィキペディアを運営することができます。

ありがとうございました。
ライラ

ウィキメディア財団
事務長
ライラ・トレティコフ

この書面はお寄せいただきました寄付の記録としてご利用いただけます。この寄付に関連し、物品やサービスの提供は一切無かったことを記します。ウィキメディア財団は非営利の慈善団体で、アメリカ合衆国において501条c項3号の非課税適用を受けています。

 

私もインドのアクシャヤさんと同じだ。

通信制でも大学で学ぼうと思えばそれなりのお金がかかるし、

専門書も買えば高い。ウィキペディアなら自分がいつも使ってる

回線の維持費だけで、いくらでも知りたいことを学べる。

 

このブログを「アルシーブ」というタイトルにしたのは

まさに「人類の知識の総和」に個人的なベクトルでアクセスして

自分がマンガ描くために使う資料ノートを作るためだった。

 

知ることは楽しい。純粋に楽しいからもっと知りたくなる。

ウィキペディア使ってる人に寄付を呼びかけようとかそういう

おこがましいことは思わないけど、ちゃんとした人たちが

やってるってことは伝えたいと思った。

表示・継承ライセンスも4.0にしたし、これからもせっせと

ウィキペディアでお勉強していこうと思います。