読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画プロデューサー

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表された映画プロデューサー - Wikipediaを素材として二次利用しています。

 

 この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年4月)

 

映画プロデューサー(えいがプロデューサー)は、映画を企画、立案し、作品にする総合責任者である。

概要[編集]
日本映画では「製作」や「企画」と表記されることもある。また近年は特にその職域が広くなっていることもあり、プロデューサーとしての職分を複数で分担する場合が大半である。エンドロールでは、「プロデューサー」として連名で表示されることもあるし、「協力プロデューサー」「プロデューサー補」等とされることもある。

Executive Producer(製作総指揮)は、ここで定義する映画プロデューサーとは、必ずしも一致しない[要出典]。映画製作において具体的な実務内容が定められておらず、一般には、映画プロデューサーに対して社会的経済的信用を付与する存在(日本的に言えば「後見人」)と理解されている[要出典]。

近年のハリウッドでは「リメイク作」や「アメコミの映画化」などで「映画の元となる作品の権利を持つ人物」は、その作品にまったくタッチしていなくても「エグゼクティブ・プロデューサー」にクレジットされる慣習となっている[要出典]。

これに対し、邦画におけるエグゼクティブ・プロデューサーは、洋画と同じ意味合いで使われる場合もあるが、「複数のプロデューサーの中の筆頭者」を意味する場合もあるし、「映画出資者(もしくは出資会社の代表者等)」に対して、この肩書きを与えることもある。

主な役割[編集]
企画立案
出資者への交渉、確保、プロデューサーチームの編成
脚本家や映画監督、その他のスタッフ選び
キャスト選び
準備から撮影、仕上げ、作品の完成までの全ての工程の包括的管理
配給サイドとの交渉
資金の流れの管理
ファイナルカットの権限

その他のプロデューサー[編集]

企画者・製作者をプロデューサーと呼び、業務、ライン上のランク等でプロデューサーを区分する場合がある。
エグゼクティヴ・プロデューサー - 映画プロデューサーのトップ、製作総指揮と訳す
協力プロデューサー - associate producerの日本語への訳語、業務は映画プロデューサーと同等か準じた業務、「製作補」の訳語もあり
共同プロデューサー - co-producerの日本語への訳語、業務は映画プロデューサーと同等か準じた業務
企画プロデューサー:原案・企画、映画作品自体のコンセプトの礎を担う。以下と区別するための便宜上の語
ラインプロデューサー - 製作担当、製作主任、製作進行、進行助手のラインのトップ
キャスティングプロデューサー - キャスティング業務のプロデュース、演技事務のラインのトップ
音楽プロデューサー - 劇伴、主題歌のプロデュース
宣伝プロデューサー - 配給部門における宣伝業務のプロデュース

プロデュースを学べる学校[編集]
映画専門大学院大学

執筆の途中です この項目は、映画関係者に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:映画/PJ映画)。

 

「映画プロデューサー」の書誌情報