読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伏見宮博恭王

この記事は クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0 のもとで公表された伏見宮博恭王 - Wikipediaを素材として二次利用しています。 伏見宮 博恭王 渾名 長面君 生誕 1875年10月16日 日本 東京府 死没 1946年8月16日 日本 東京都 所属組織 大日…

尊王論

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表された尊王論 - Wikipediaを素材として二次利用しています。 尊王論 この記事には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力…

太子を尊敬し、軍人勅諭に感銘を受けることは右なのか?

【オリジナル】「厩戸皇子」イラスト/美羅 [pixiv] 1500年にわたって日本人の信仰の対象であり続けてきた太子を語るのに、拙劣な絵を貼り付けるのは畏れ多いとは思う。でも、例えばルナンなんかが言う歴史的イエスと信仰の対象としてのキリストとが全く…

十七条の憲法・原文・読み下し・現代語

<a href="http://www.geocities.jp/tetchan_99_99/index.html" data-mce-href="http://www.geocities.jp/tetchan_99_99/index.html">野口哲也のHP-石油総合サイト</a>www.geocities.jp テキストとして参考にさせて頂いたのは、野口哲也のHP-石油総合サイト内の 十七条の憲法(じゅうしちじょうのけんぽう)-現代語訳付きです。 現代語訳のサイトがいくつかあったのですが、この文章がいちば…

軍人勅諭

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表された陸海軍軍人に賜はりたる勅諭 - Wikisourceを素材として二次利用しています。 【戦争】「軍人勅諭」イラスト/美羅 [pixiv] 「陸海軍軍人に賜はりたる勅諭」の書誌情報ページ…

軍人勅諭・原文

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表された陸海軍軍人に賜はりたる勅諭 - Wikisourceを素材として二次利用しています。 お恥ずかしい話だが、私は軍人勅諭を初めてまともに読んだ。 意外だったのは、この勅諭が軍部…

十七条の憲法

天皇と言ってもピンからキリまである。 私が文句なしに好きなのは即位こそしなかったがテキスト化された日本史(古事記は歴史には含まない)の起源にいる厩戸皇子、聖徳太子だ。 十七条の憲法を起草したのが太子本人だったのか、そもそも太子が実在の人物だ…