読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

やる気が無い

2,3日前からなんか気力の底が抜けた状態が続いている。 それでもPixiv絵を描いたりこっちで相変わらずウィキペディアで調べたことまとめたりしてるんだけど、なんかなんもかんもどうでも良くなってしまった。 外的な理由というのは特に無いんだけど、気持…

「世界史の構造」「世界史の構造を読む」

Amazonから今さっき届いたw かっちりとした読書をするのは久しぶりだ。 ライトスタンドも買ったしw 柳生やら忍者やら調べてたけど、久っさしぶりに柄谷でも読もうヽ(`▽´)/ 世界史の構造 (岩波現代文庫) 作者: 柄谷行人 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日:…

フロアスタンドとLED電球。。。。(寝転がり読書用)

駿台文庫の古文参考書を寝る前にちまちま読み始めています( ̄д ̄) のはいいんだけど、ベッドなんでサイドテーブルに置いている スタンドライトの光がイマイチ暗い; ネットでちょこちょこいろんな知識の概要を拾ってくるのは 楽しいんだけど、そろそろ紙媒体…

気持ちの悪いコメント

はてな外部から気持ちの悪いコメントを2回ほど付けてきた奴がいる。 挨拶もない、自己紹介もない、記事内容に関するコメントでもない。 訳の分からない我流の仏教もどき哲学もどきみたいなダラダラした 馬鹿な長たらしい論文みたいな無意味なコピペを貼って…

古文の勉強

Amazonで注文しておいた古文の参考書が届いた。 私は古文の授業を受けたことがない。大検は取ったので、 少しは勉強していたはずなのだけど、全部忘れている。 「はじめの一歩」から。 まずはコツコツと、基礎の基礎から古文をやり直そうと思っている。 日本…

読みなおすこと

pixivの小説欄に残ってる項目をこっちに引っ越す作業は まだまだ続きそうだ。。。。 でもその中で、大政翼賛会とか治安維持法なんかを ウィキペディアから直に取り直して整理しているんだけど、 このブログで読みやすくするために編集する過程で 頭からざっ…

なんか嬉しかったこと

ウィキペディアに小額だけど寄付したらすごい丁寧な礼状が届いた。 テンプレの電子メールなのに、なんか真摯な気持ちが伝わってきて 嬉しかった。 紹介してもまずいことはないだろうと思うので 差し障りの無いとこだけちょと引用します。 ウィキメディア財団…

広く知ること

だいぶ記事数が溜まってきたけどまだpixivから半分ぐらいしか移せてない。 こうして記事整理しながら引っ越ししてみると、 よくもまぁ溜め込んだもんだと呆れる。 「溜める」というのは「排出や消費、解消をせずに 一つの場所にものなどを増やす」ということ…

E・H・カーの本高い。。。(;O;)

カール・マルクス―その生涯と思想の形成 作者: E.H.カー,Edward Hallett Carr,石上良平 出版社/メーカー: 未来社 発売日: 1998/06 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 3回 この商品を含むブログを見る 読みたい。でも¥4.014。。。。。 むぅぅ カール・マ…

このブログの自分にとっての有用性

自分の気持ちやら考えやらを書き散らすより、オープンソースのデータを こうやってこつこつ収集する作業の方がはるかに役に立つ。 自分の考えを説得力のある文章にまとめて行く作業は、膨大な時間と労力が 必要になるので、片手間でできることではない。 と…

日本語の達者な外人みたいな日本人

ヒマに任せて現代思想なんかをやってる人たちのブログとか読んでたけど 蓮實の弟子たちはやっぱ駄目だなぁ。。。。 平安貴族の蹴鞠みたいなもんだ。 30年前ぐらいのポスト・モダンなんか今頃になってまだやってる。 イスラムの専門家で現代思想にも通じてる…

歴史

一年ぐらいほったらかしにしてたんで細かい設定とかを忘れてる。。。 何故歴史なのか? 私の場合は過去が知りたいのではなく、自分がどういう繋がりの果てに今に至っているのかを知りたい。そのために個人史ではなく社会史が知りたい。文字化された有史以前…

歴史

歴史の勉強をしている。 勉強と言っても、ひっかかるキーワードをウィキペディアでひたすら検索しまくって概要を並べているだけなのだけど、それでも知らなかったことが無尽蔵に出てくる。 歴史を学ぶことだけで一生終わってもいい。そう思う。 何も知らない…